2020-01

スポンサーリンク
梅の博物館

【梅研究所】和歌山で梅を本気で研究してる研究所が最高だった話

日本一の梅の産地、和歌山県みなべ町には梅の研究だけを行なっている梅研究所があります。事前に連絡することで、職員の方から直々に説明を聞くことが可能です。梅の品種改良や栽培方法の研究、特定条件下での栽培検証など多数のことを研究されています。
梅の博物館

【植物出演TOP10】平安時代、万葉集では「花といえば梅」だった話

現代のように桜が流行する前、日本では梅の花が圧倒的に流行していました。平安時代に作られた万葉集では、梅の花は出演回数2位になっています。「学問とは贅沢なもの」という時代に、貴族がこぞって歌を詠んでいたことが一因とも見られています。
梅の博物館

「胃酸が弱い人はクエン酸を取らない方が良い」はデマ!途中で酸度が変化するクエン酸

クエン酸は「測定するときはアルカリ性、食べるときは酸性、吸収されるときはアルカリ性」という不思議な性質を持っています。ここでは、「食品のPHはどうやって測るのか」「クエン酸はなぜ酸性とアルカリ性が入れ替わるのか」「胃酸が弱い人はクエン酸を摂取しても大丈夫なのか」をまとめました。
梅の博物館

【意外な超健康食材】クエン酸の効果とおすすめ食品10選

クエン酸は日常で掃除に使われている人が多いと思いますが、実は超健康食材としても有名です。健康食品として有名な梅干しに多量に含まれており、血流の改善やダイエット、美肌効果など様々な健康効果があります。
梅の博物館

【アミグダリン】梅、桃、スモモに含まれる毒

「生の梅には毒がある」とはよく言われますが、実は梅だけではなく桃や梨など「バラ科の果物」には共通の「アミグダリン」が含まれています。梅を何粒食べると致死量なのか、アミグダリンとは一体どんな物質なのかを調査しました。
梅の博物館

【種の中に果肉?】梅の種の中には仁がいるって話

「梅の種の中には天神様が寝ている」ということわざもありますが、梅の種の中には「仁(じん)」と呼ばれる物が入っています。これは食べることができます。「杏仁」の「仁」も杏の種の中にある仁ですが、あまり馴染みがない人が多いでしょう。ここでは梅の種に着目し、梅研究所の情報と合わせてまとめました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました