梅仕事

スポンサーリンク
梅の博物館

【道具を揃えよう】梅干しの作り方完全マニュアル【梅仕事の準備編】

梅干し作りでは梅選びも重要ですが、それ以上に道具選びが重要です。ここでは梅仕事に使用する「梅・容器・塩・赤シソ・消毒用アルコール・重石・天日干しネット」の選び方をまとめてあります。
梅の博物館

【百均はコスパ悪】家で土用干しするときに使う、ザルやネットの選び方

家庭で梅干しを作るとき、一番苦労するのは天日干しの作業です。普通の家庭では梅農家のように「横にずらっと並べる」方法で干すことはできないので、できる限り縦に積み上げられるネットを使用するのが効率的です。
梅の博物館

【ホワイトリカーNG】アルコール消毒の方法【カビない梅干し作り】

お酒による消毒は、アルコール度数40%を超えなくてはあまり効果がありません。ホワイトリカーは36%未満なので、消毒としての効果は弱いです。消毒には、消毒用アルコールがもっとも有力です。
梅の博物館

【実は超重要】梅干し作りにおける紫蘇の選び方【梅の10%くらいの量】

梅干しに紫蘇を入れるときに使用するのは葉っぱだけですので、出来るだけ葉っぱが多い束を選んだ方が良いです。梅1kgにつき100g程度の葉っぱがあれば良いです。一般的に一つの束から取れる葉っぱの量も100gくらいだと言われています。
梅の博物館

【高血圧に効果アリ】梅干し作りで赤シソ(紫蘇)を漬ける理由と効能

紫蘇にはカリウムが豊富に含まれているため、塩分の取りすぎで発生する高血圧を抑えることができます。また、古来にはシソを保存食にするために梅酢を使用し、「一年中シソを食べられるようにした」とも考えられます。
梅仕事

【梅干し】なぜ?・いつまで重石? | 重石なしの作り方【水重石】

重石はカビ対策です。「梅酢を早く出す」「梅が浮かないようにする」この二つの目的で使用しますが、両方ともカビ対策です。 それぞれ「上の方の梅が梅酢に使ってない間にカビた」と「梅酢に浸かってると思ったら、上に浮かんできてカビた」を解決します。
梅仕事

【塩分が醤油と同じ】梅酢は炭酸で割っても美味しくない!?って話

梅干しを漬けた際に副産物として大量に発生する梅酢ですが、醤油と同じくらい塩分が強いです。ネット上で消費方法を調べると「梅酢はドレッシング代わりにかける」とか「炭酸で割ると美味しい」とか出てきますが、それは美味しくないです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました