【百均はコスパ悪】家で土用干しするときに使う、ザルやネットの選び方

梅の博物館
梅の博物館 梅仕事

 梅ボーイズの梅博士(@umehakase)です。

家庭で梅干しをつけるので一番困るのって、「土用干し」ですよね。

数日は干さなきゃならないけど仕事はあるし、途中で雨が降っても取り込めないので危険がいっぱいです。

そこで、家庭で梅干しをつけるのに必要な「ざるやネットの選び方」と「お勧めのネット」をまとめました。

ちなみに本当に理想なのは、「広く浅い」ネットです。

オススメできないネットの見分け方

 僕はかつて100円ショップに売ってある「野菜干しネット」を購入して使用していましたが、これは金額的にも機能的にもあんまりお勧めできません。

縦に大きすぎる

 縦のスペースを大量に占領するネットは非常に使いづらいです。

野菜を干す上でなら良いのですが、梅干しは野菜と比べて小さな果物です。例えば100円ショップなら高さ16cmのネットが販売しています。


高さは一般的なネットと変わりませんが、このネットを干す時は紐を付属の紐を引っ掛けて連結する必要があります。

すると実際に占領する高さは2倍くらい、一つで30センチくらいの高さになります。3つ並べれば約1メートルですので、めちゃくちゃ邪魔です。


僕が梅ボーイズの農園を見学に行った時に見た天日干しでは、このように高さ3cm以下くらいのザルを大量に並べていました。

もちろんこれは場所を大量に使用するので、普通の家庭ではできないかと思います。

ですが家庭でも出来るだけ浅いネットを使用し、縦に積み重ねて干すのがオススメです。

百均はコスパが良くない

 最近の百円ショップは進歩してきて、「これが100円!?」みたいなものもちょこちょこ売ってます。野菜干しネットもその一つです。

 僕が購入した百円ショップでは、野菜干しネットは150円で販売されていました。こんな感じのネットです。

100円ショップで販売されてる野菜干しネット。
えんウチ様より引用。

 このネットは一段で150円です。

僕の経験上、このネットでしっかり干せるのは1キロちょっと程度の梅です。そのくらいしか作ってないなら問題ないですが、ほとんどの人は数キロ以上漬けていると思います。


そうなると必然的にこのネットを何個も購入しなくてはいけないのですが、仮に1キロあたり1つのネットを購入していると、5個で税込800円を超えてしまいます。

800円あれば、amazonなどで売っているもう少しちゃんとした野菜干しネットが購入できます。そこまでお金を払うのであれば、そっちを使った方がオススメです。

耐久性が弱いと危険

 普通の家庭では梅農家のように横にずらっと並べるなんて不可能みたいなものですので、ある程度は縦に引っ掛けて積み重ねなくてはいけないのですが、耐久性が弱いネットはちぎれてしまうことがあります。


そうなると汚れた梅は食べられませんし、梅酢に戻すこともできないので、そこまで育てた苦労が水の泡です。

極力耐久性に気をつけつつ、「何キロまで耐えられるか」「どうやって縦に引っ掛けるか」を想像しながら購入しましょう。

オススメのネット

コスパ・効率共に最強の「万能干網」

僕はこのネットをオススメしています。

パール金属のネット
値段1098円(送料込み)
サイズ32×20センチ
2020年5月10日現在のデータ
野菜干しネットの画像

圧倒的にコスパが良い

 今一番コスパが良いネットだと思います。送料込みでこの値段は、僕が調べる限り一番安いです。

 梅農家くらい大容量なら別ですが、10キロ前後の梅であってもこのネットを複数購入して干すのが一番効率的じゃないでしょうか。

Amazonならこちらで購入できます。

「干せる量」は百均ネットより少し多い

容量がそこまで多いネットではありません。

 2キロ入れるのが結構ギリギリです。一応入りますが、余裕を持って考えるなら3段使って5キロが限界に感じます。

商品名にも「mini」と入っていますが、大容量で使うのが主な目的ではないんだと思います。

ただ、家庭ではこのサイズでも大丈夫です。むしろ縦に余分なスペースを取らないので百均よりも圧倒的に使い勝手が良いです。

まとめ

 本当は「高さ数センチで何層も入れられるネット」があれば理想なのですが、調べると該当するのはドライフルーツを作る食品乾燥機ばかりになってしまいます。

評判やネットの情報を見る限り、一番良いのはこれ一番安いのはこれみたいなのですが、梅干しを作るだけで考えるとちょっと高いです。

生の梅を購入してドライフルーツも作るなら良いかもしれませんが…笑




ちなみに、ネットを縦に積み重ねて干す方法を使用する場合は、ひっくり返すのが一瞬で終わる裏技があります。

詳細は「5秒で完了するひっくり返し作業」をご覧ください。
※完成次第リンクが繋がります。

梅仕事の準備、その他の記事

道具選び方
好きなだけ梅の選び方
瓶・樽・
ジップロックなど
梅干しの2倍くらいの容量容器の選び方
粗塩梅の20%の量
(お好みの塩分でも可)
塩の選び方
赤シソ梅の10~20%くらいの量赤しその選び方
焼酎・
アルコール
消毒用なので100mm程度
ホワイトリカーはNG
消毒液の選び方
重石漬物石、
水重石、
無くても可能
重石の選び方
天日干しネット必要なだけ天日干しネットの選び方

コメント

タイトルとURLをコピーしました